第弐離岸堤倶楽部

山形県酒田港をホームグラウンドとし、離岸堤を中心に活動する釣り集団の活動日誌です。

◆ プロフィール

さっさ@管理人

Author:さっさ@管理人
第弐離岸堤倶楽部のブログへようこそ!
クラブ員のあり得ない釣りに期待大!

◆ カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ カテゴリー

◆ カウンター

◆ 離岸堤の位置

◆ QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
激釣!
写真追加しましたー





まいどどうも。第弐離岸堤倶楽部のMr.オクトパスことSDです。

今回は事務局のサッサ氏が業務のため日帰り釣行ということで、不肖私ことSDが釣果報告させていただきます。

さて、今回の参加者はNKURRA、JINRO、SIBA、まったか、ハッシー、サッサ氏(業務により日帰り)の7名という大所帯。以下、例によって時系列にて報告します。

天気もピーカン、波低しとの予報に「気持ちいいなゃ~」を連発する倶楽部員一行が、離岸堤出発基地のSD宅に結集したのは6月2日9:30。いつものごとく自分の車の助手席で缶ビールを堪能するNKURA氏に誰も疑問を抱くことなく車3台編成にて出発。

途中のコンビニに寄ってはビールを補充。食材調達のために寄ったYマザワでもビールを補充。しかしそんなNKURA氏にツッコミをいれる者は皆無。これが第弐離岸堤倶楽部のスタンダードです。

そうこうしているうちに、もう11:00。乗船予定は12:00。Sき家での昼食(宴会)を泣く泣くあきらめ、エサを調達し船だまりに到着したのが11:30。結構ギリギリでした。

予定どおり12:00に乗船。乗船前には船だまりでそれぞれ乾杯を済ませ、ほろ酔い気分の倶楽部員を乗せたマリノスは快調に離岸へ向かいます。
屯する面々


12:15 新離岸に到着。南の先端が好調という情報もあり、降り口から先端までトコトコ歩きます。しかし・・・

遠い。お泊まり用の食材の重さもあって、全員汗だく、へとへとで先端に到着。
結構早い時間にもかかわらず、釣り人の数は多いです。結局先端に陣取ることはできませんが、周りもまだ釣れてないみたいだし、「ま、いいか」ということで…
お神酒070602


宴会でーす!エビスで乾杯したあとはチューハイを飲むものあり、寿司と冷酒を満喫するものあり、焼酎の水割りを作り出すものあり、さながら離岸は居酒屋の様相。
宴会1_20070602

ウーロン割



14:30 本家からshogizuさんとユッキーさんが到着。ここから二次会のスタートです。全然釣りしてません。
本家合流



15:00 朝から飲み続けていたNKURA氏が轟音のいびきをあげて寝た隙に、各自ようやく釣り開始です。
予報どおりのピーカンなのですが、北西の風が強く、外海は川のような潮の速さです。
サビキを投入するもウキはピクリとも反応しません。
先端の釣り人が帰りはじめ、ポイント移動するものの、あまり芳しくありません。

17:00 重苦しい空気の中、それは突然に訪れました。外海の潮の速さに業を煮やし、内海にサビキを投入していたまったかのウキが勢いよく消しこみます。「キター!!」竿が満月にしなります。あがってきたのは…

サバ。6本針のサビキにマンガン。ここからサバ祭りの開幕です。SD、JINRO、ハッシーも内海に移動。本家の二人も混ざってワッショイワッショイ。ちなみにNKURA氏はこの時間も爆睡。

17:30 相変わらずサバ祭りは継続中。中に尺前後の良型アジも混じりだしました。
と、ここで一人外海で孤高の釣りを展開していたサッサ氏が奇声を上げる。駆け寄って見ると35センチほどの良型アイナメが!さすが事務局長。

19:00 サバ祭り最高潮の中日没です。美しい…このころNKURA氏とSIBAが陣取った先端付近はアジ、サバが激釣だった模様。

20:00 各自仕掛けを根魚用にシフトし、夜の釣りの開幕です。これができるのが離岸のいいところ。
ポツポツではありますが、各自25センチ~尺前後のメバル、カサゴ、ソイを釣り上げます。
JINROとハッシーもめでたく初メバルをゲット。
ハッシー20070602



20:30 翌日の業務のため、サッサ氏ここで後ろ髪を引かれる思いで撤退。お疲れ様でした。
あとから聞いた話では、竿が折れたり、デジカメが壊れたりとトラブルが重なったようで、お気の毒様でした。

22:00 各自順調に根魚を釣り上げます。どうやら今日の根魚の活性は高い模様。NKURA氏、SIBA、ハッシーはメバルの入れ食いも体験したようで、うらやましい限りです。

SD20070602

まったか20070602

SIBA20070602


ここで本家のお二人が撤収。二人とも

23:00 まだまだ釣れる雰囲気ながら…

宴会でーす!(夜の部)
本日のメニューは、魚介のトマトソース煮込みペスカトーレ風(絶品!)と山形名物ひっぱりうどん。
当然のように熱燗もセットです。
料理と熱燗に舌つづみを打ち、ここが離岸であることすら忘れかけたとき、置き竿にしていたウキの様子を見に行ったSIBAが叫びます。

「NKURAさーん!ウキねーっす!!」

宴会を中断して見に行くと・・・

クロソイ42センチ。
ソイ42


出ました!さすがのツモぢから。本日の魚の部大物賞獲得です。タモ入れしてくれた隣のお父さん、ありがとうございました。

1:00 SD、まったか、JINROの3人はここでダウン。寝袋に潜り込み熟睡。
しかし昼間寝ていたNKURA氏はまだまだ元気。SIBAとハッシーも一緒に釣り続行。どうやら根魚はまだまだ釣れ続いたようで、薄れゆく意識の中にSIBAの「入れ食いだー!」という叫びが聞こえたような…

4:30 起床。NKURA氏とSIBAは既に起きて釣りを開始していました。いつ寝たんだろう…
ほかのメンバーもごそごそと起きだし、各自釣りにかかります。
朝日20070602


5:00 SDの隣で釣っていたまったかが、なんとサビキでメバルゲット。こりゃまだまだ期待できるか?

なんて思っていましたが、釣れるのは先端に陣取ったNKURA氏とSIBAのみ。すっかり飽きてしまったSDは、ショートロッドにブラクリをつけて先端の足元を探ります。…根がかりです。ブラクリをロストしました。

「はぁ~あ…」などとため息をつきつつ、新しいブラクリにイソメを房掛けにして再度トライ。
何度か竿をしゃくっていると、「ズシッ」という手ごたえ。

「またやっちゃった…」と竿をあおるとジワーっとあがってきます。
何じゃこりゃ?海草でもひっかかったか?

隣のタモのお父さんも寄ってきて、「何か釣れた?」なんて聞いてきます。
「多分海草かゴミっすねー」なんて言いながら、ようやく水面近くまで巻き取りました。この後、とんでもない事態が!(ガチンコ風)

ぬらーりと水面にあがってきたものの正体は…
たこー

たこー2


なんとタコ!ブラクリに!ありえん!

またもやお父さんにタモ入れをしてもらい、無事キャッチ成功。なにが起きるかわからないのが離岸とは言え、さすがに想定外のサプライズです。

陸にあがってみるとその姿はさながら宇宙人。日本人とギリシャ人ぐらいしか食べようとしないのもなんとなく納得できます。

8:30 意外な珍客に騒然としつつ、撤収開始。クーラーのずっしりとした重みが釣果を物語ります。

9:30 船だまりに到着。今回はマリノスがエンジントラブルということで、引退したはずのなぎさ丸が奇跡のカンバック。まさか引退撤回?

ということで、今回の離岸堤釣行終了です。倶楽部員は次回の激釣に思いをはせつつ、家路につくのでした。

今回のSDの最終釣果

アジ:尺超え6尾、20センチ級1尾
サバ:20センチ級20尾
クロソイ:30センチ級2尾、25センチ級1尾
カサゴ:20センチ級1尾
そして…
マダコ(なぎさ丸船長によりマダコと判明):5キログラム級1匹
以上

倶楽部員各位 大変お疲れ様でした。コメントにて釣果報告をよろしく
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2007/06/03 22:00】 | 離岸堤 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

◆ さっさ@管理人のおすすめ


 とっても明るい!
 コレで熱燗つくってます

離岸堤への必携装備です!

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ 山形県の天気

◆ 酒田 潮汐表

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ <PR広告>

旅ポケドットコム アフィリエイト・SEO対策 父の日・ギフト・花束・母の日


copyright 2006-2007 第弐離岸堤倶楽部 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。